チームスピリット シニアアーキテクト 倉谷がSalesforceMVPに認定されました!(3年連続3回目)

チームスピリット シニアアーキテクト 倉谷がSalesforceMVPに認定されました!(3年連続3回目)

Salesforce MVPは、年間を通じてSalesforceコミュニティ発展に大きく貢献した人に送られる、世界でも200名ほど、また日本でも十数名しか認定されていない称号です。

そんなSalesforce MVPに、チームスピリットのProduct Developmentチームの責任者である倉谷が、今年も認定されました!倉谷は、なんと3年連続の認定を受けています!

https://success.salesforce.com/mvp

さて、3年連続MVPに選ばれてる倉谷ですが、MVPに選ばれる人はどのような活動をしているのか、気になりますよね!?

一部倉谷が行なっている活動をご紹介すると、

  • Tokyo Salesforce Developer Groupのco-leaderを勤め、コミュニティに貢献している(同グループのWebサイトやTwitterアカウントを運営している)
  • Salesforce World Tour Tokyoなどイベントで登壇している
  • Salesforce向けのAdvent Calendar を主催している
  • Salesforce開発者向けPodcatを配信している

などが上げられます。

関連リリース:https://www.teamspirit.com/ja-jp/news/release/-appexchange-premier-partner2.html

倉谷が「Salesforce World Tour Tokyo 2018」  、Einsteinに関するセッションに登壇した時の様子

また、グローバルでも数十社のみの「AppExchange Premier Partner」に選ばれた企業のサービス「TeamSpirit」の開発に大きく貢献しているというところも、MVP選定の理由になっているのかもしれません!

「Salesforce MVP プログラム」とは?

Salesforce MVP プログラムは、Salesforce コミュニティへ特に貢献してくれた人を称え、表彰するものです。Trailblazer(トレイル ブレイザー:先駆者)の中でも特別なこのMVPは、製品について深い知識を持ち、専門知識を積極的に共有してコミュニティの仲間を支援することで Ohana の精神を体現しています。このプログラム開始から 6 年間、Salesforce MVP は、それぞれの貢献と協力的なイノベーションによって、私たちを絶えず触発し続けています。MVP プログラムの特典は、MVP がコミュニティにさらに貢献できる機会を増やすだけでなく、MVP 同士またはSalesforce のエグゼクティブとネットワーキングできる特別な機会を提供するといったことにも重点を置いています。また、MVP は特別なトレーニングや認定を受けることができ、製品の知識を常に最高レベルに保つことができます。

引用:https://www.salesforce.com/jp/blog/2017/07/Summer17-MVP-Nominations.html

チームスピリットのエンジニアチームには、Salesforce MVPとして他のSalesforceパートナー企業様からも一目置かれる存在のエンジニア倉谷を筆頭に、様々なスキルを持ったグローバルで個性豊かなメンバーが集まっています!

一緒に切磋琢磨し成長したい方を募集しているので、ご興味ある方はぜひご連絡ください!

https://www.teamspirit.com/ja-jp/recruit/

TeamSpiritの最新情報をお届けします

お客様の個人情報の取り扱いについて「プライバシーポリシー」をお読みいただき、
同意いただける場合にのみお申し込みください。

担当者に相談する

導入に関するご質問や
実際の画面操作を見ながらの製品デモまで
お客様のご連絡をお待ちしております

無料トライアル

正式版と同一機能・操作が可能な
無料版TeamSpiritを30日間ご提供しています
まずはTeamSpiritを体験してください