労働生産性の向上における活用ポイント

ポイント1

間接業務にかかる時間を削減

TeamSpiritは利用者の入力負荷を極力減らすUI/UXを実装しており、勤怠打刻や工数入力が簡単に行えるだけでなく、モバイルによる領収書の読み込みなど、日々の煩雑な間接業務にかかる時間を大幅に削減します。管理部門に対しても、法改正に準拠した残業時間の計算ロジックで自動計算するなど、集計の手間を大幅に削減します。

ポイント2

リアルタイムに働き方の見える化を実現

TeamSpiritの工数管理機能を使えば、各従業員が実際の勤務時間でどんな仕事に何時間使ったのかを簡単に見える化することができます。本当に必要な投資時間は何か、無駄や非効率な業務または、成果に繋がっていな業務は何かなどを洗い出すことができ、業務の改善と生産性の向上を実現します。

ポイント3

場所や時間を選ばないコーチングを実現

TeamSpiritの社内SNS機能を活用することで、ダッシュボードを確認しながらなどの効率のよい1on1レビューを実現することができます。毎日の作業報告や日々の振り返りを行うことで、より生産性の高い働き方をマネージャーと共有することが可能となります。

こちらの活用シーンもご覧ください

「職種・役割別」活用シーン
マネージャー
「目的別」活用シーン
テレワークの推進
「目的別」活用シーン
プロジェクト別の原価管理

まずは資料請求

製品概要が3分で早わかり
TeamSpiritの機能特徴や選ばれる理由を
ご覧いただけます

担当者に相談する

導入に関するご質問や
実際の画面操作を見ながらの製品デモまで
お客様のご連絡をお待ちしております

無料トライアル

正式版と同一機能・操作が可能な
無料版TeamSpiritを30日間ご提供しています
まずはTeamSpiritを体験してください