健康経営の実現における活用ポイント

ポイント1

36協定を遵守

TeamSpiritなら、働き方改革関連法の施行により、新たに管理が必要になった「年間の時間外労働時間」や「月間の時間外労働と休日労働の合計時間」、「複数月の時間外労働と休日労働の平均時間」、「年間で月の時間外労働45時間を超過した回数」をリアルタイムに集計し一覧化することができます。
また、従業員の月間や月平均の時間外労働と休日労働の合計時間が一定の時間に達した場合には、従業員本人やその上司にアラートメールを自動で通知することができるため、管理部門と現場の双方で36協定に沿った労働時間管理を行うことができます。

ポイント2

勤務間インターバルの把握

TeamSpiritでは、前日の退社時間から当日の出社時間までの一定の「勤務間インターバル」を、従業員が確保できているかリアルタイムに集計し一覧化することができます。
また、各社で定義した確保すべきインターバル時間に対して、単月や複数月で何回不足したかをカウントすることもできるため、不足回数が一定の回数を超えた従業員に対して、個別面談を行って十分なインターバルを取得できるよう指導、改善するなど健康管理のための適切な対応が可能となります。

ポイント3

働き方データ×健康データで多角的な分析を実現

TeamSpiritと健康管理システム「Carely」を連携させることで、TeamSpiritに日々蓄積される、従業員の労働時間や深夜・休日労働時間、勤務間インターバル、年次有給休暇の取得率などの「働き方データ」と、「Carely」で管理される、従業員の健康診断・ストレスチェックなどの「健康データ」を一元管理することができます。
これにより、過重労働者や高ストレス者の情報を産業医と自動共有することや、産業医面談の場で、多角的なデータから課題の特定をすること、改善に向けた具体的な指導をすることなどが可能となります。

こちらの活用シーンもご覧ください

「目的別」活用シーン
管理業務の効率化
「目的別」活用シーン
従業員エンゲージメントの向上
「目的別」活用シーン
労働生産性の向上

担当者に相談する

導入に関するご質問や
実際の画面操作を見ながらの製品デモまで
お客様のご連絡をお待ちしております

無料トライアル

正式版と同一機能・操作が可能な
無料版TeamSpiritを30日間ご提供しています
まずはTeamSpiritを体験してください