1. Home
  2. チムスピコラム
  3. システムの活用
  4. Webで使える勤怠管理システム一覧!機能と選び方も【打刻~集計まで効率化】
システムの活用

Webで使える勤怠管理システム一覧!機能と選び方も【打刻~集計まで効率化】

著者:チームスピリット編集部

勤怠管理システムのWeb打刻を利用すれば、タイムカードやエクセル(Excel)などの従来の方法よりも簡単に勤怠管理を行えます。

しかし、以下のような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

  • Web打刻とはどういうものか、具体的にイメージできない
  • 便利だったとしても、運用コストとのバランスはどうなのか
  • 自社にとって本当に必要なものなのか、機能やメリットを見て判断したい

そのような方のために、本記事では勤怠管理システムによる「Web打刻」について、全体像を詳しく解説していきます。

機能や費用、メリットなどについて、従来のタイムカードやエクセルでの管理方法との違いにも着目しながら説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

また、おすすめの勤怠管理システムもご紹介しますので、Web打刻の導入を検討している方は、記事の後半までご覧ください。

自社に最適な勤怠管理システムをお探しの方へ

  • 既存システムでは機能や柔軟性が不足しており、その課題を解決したい
  • 就業規則の変更や法改正に都度対応できるシステムを利用したい
  • 自社に合わせたシステム運用を提案・サポートしてもらいたい

このような企業には、100以上の勤務パターンへの対応実績があり、会社独自の細かいルールや法改正にも柔軟に対応できる勤怠管理システム「チムスピ勤怠」が最適かもしれません。

解決できる課題や運用イメージなどを具体的にまとめた「チームスピリット サービスご紹介資料」をご用意しました。勤怠管理システムの導入をご検討中の方は、まずは一度ご覧ください。

「チームスピリットのサービス紹介資料」をダウンロードする

勤怠管理システムの「Web打刻」とは?

Web打刻とは、インターネットにつながったPCやスマートフォンからWebブラウザなどにアクセスし、出退勤の登録ができる機能のことです。インターネット環境があればどこからでも打刻ができるため、自宅(リモートワーク中)や営業先にいる従業員の勤怠管理を簡単に行えます。

またWeb打刻によって登録された勤怠データは、システム上でリアルタイムに集計され労働時間の管理や給与計算などが行いやすくなります。打刻忘れやエラーがあった場合はシステムがアラートで知らせてくれるため、後から打刻ミスが発覚するといった事態も防げるでしょう。

よくあるWeb打刻の方法を紹介

Web打刻には、以下のような方法がよく利用されています。

Webブラウザ

スマートフォンやPCからWebブラウザにアクセスし、打刻ボタンを押す

QRコード

事業所に設置したQRコードをスマートフォンなどで読み取る

チャットアプリ

SlackやChatwork(チャットワーク)、LINE(ライン)などのチャットアプリと勤怠管理システムを連携させ、特定の方法でメッセージを送信する

▼Slackを利用したWeb打刻の操作画面イメージ

1.特定のメッセージを入力する

2.送信すると打刻が完了する

場合によっては、打刻の際にGPS(位置情報)取得も可能です。リモートワーク(テレワーク)中や営業に出ている従業員が不正せずに打刻をしているのかを確認したい場合は、GPSを取得できる機能があると便利でしょう。

▼スマートフォンからの打刻でGPSを取得する操作画面のイメージ

kintai-location.png

逆に「職場でのみ打刻をさせたい」という場合は、QRコード打刻を利用することで解決できます。

勤怠管理システムは、Web打刻以外にもさまざまな打刻方法があります。しかし勤怠管理システムを利用すれば、打刻情報をインターネットを通してシステムに送信し、自動で処理できるので便利です。

タイムレコーダー

打刻専用端末(タイムレコーダー)を利用して、パスワード入力やタイムカードの差し込みなどをする

ICカード

PCに接続したICカード読み取り端末に、ICカードをかざす

生体認証

顔認証や指紋認証、静脈認証に対応した機器を設置し、生体認証を行う

PCオンオフ連動

PCの電源をオンにした時刻を「始業時刻」、オフにした時刻を「終業時刻」として自動的に打刻する

セキュリティドア

オフィスや店舗のドアにセキュリティ端末を設置し、入退出の際に打刻する

企業の働き方に合った打刻方法を採用することで、効率よく勤怠管理ができるようになります。

実際にPCやスマホでWeb打刻をするときの具体的な操作手順

Web打刻を導入するとどの程度便利になるのかを、操作手順からイメージしてみましょう。

Web打刻において最も代表的な「PCブラウザやスマホアプリなどを通して打刻する方法」について、具体的な操作方法を見ていきます。

従業員が行う打刻操作

  1. 業務開始および業務終了時に、PCやスマートフォンから勤怠管理システムにログインする
  2. 勤怠登録画面から、打刻ボタンをクリックする(場合によって、コメント等を登録する)

※細かい操作方法は製品によって異なります。

なお、勤怠登録後に修正がある場合や、直行直帰申請、休暇取得申請などをする場合は、勤怠管理システム内で申請登録を行います。

▼PCブラウザの勤怠打刻入力画面イメージ

pc_dakoku.png

▼スマートフォンアプリの勤怠打刻入力画面イメージ

sumaho_dakoku.jpg

あくまで一例ですが、勤怠管理システムを使ったWeb打刻のイメージを動画で確認してみましょう。

管理者が行う操作

  1. PCブラウザから勤怠管理システムにログインする
  2. システムのホーム画面などから従業員の申請登録がないかを確認し、あった場合は申請の内容をチェックして承認または差し戻しをする
  3. 適宜、勤務表画面から社員の勤怠状況や打刻のエラー・アラートがないかをチェックする
  4. 3で問題があれば、該当の社員に修正依頼や勤怠内容の確認を行う
  5. 月末に、当月の勤務表をチェックしてエラーなどがないことを確認のうえ、月次承認登録をする

▼打刻情報が自動かつリアルタイムで集計されるイメージ

image-type.png

▼管理者専用の画面から未承認申請を確認するイメージ

misyouninn_sinsei.png

細かな操作手順は製品ごとに異なる場合がありますが、おおまかな手順は似通っています。

基本的に、従業員は「システムにログインして打刻ボタンを押すだけ」です。管理者は「管理画面から適宜承認・差し戻しをするだけ」で日々の業務を行えます。

Web打刻(勤怠管理システム)のメリットを、タイムカードやエクセルと比較

続いて、Web打刻の具体的なメリットを確認していきましょう。紙やエクセルによる勤怠管理方法と比較しながら解説します。

Web打刻(勤怠管理システム)のメリット

  1. 勤怠の不正登録やデータ改ざんを防止できる
  2. リモートワークや直行直帰にも対応できる
  3. 残業管理が容易になり、「気づいたら法律違反していた」という事態を防げる
  4. 集計が容易かつ、労働環境の分析なども行える
  5. 給与計算システムや他システムと連携できる

それぞれ詳細を見ていきましょう。

勤怠の不正登録やデータ改ざんを防止できる

タイムカードやエクセルで勤怠管理をしている場合、勤怠情報を手書きで改ざんしたり、他の従業員に代理打刻させたりすることもできてしまいます。

しかし勤怠管理システムのWeb打刻であれば、以下のような理由から、不正登録や改ざんを防止できます。

  • 自分のIDやパスワードを使わないと打刻できない
  • 打刻時間はコンピューター内の時計と連動しているため、意図的に時刻の改ざんができない
  • 管理者の承認がないと勤怠時刻を修正できないように設定できる
  • 顔認証や生体認証打刻を使えば、代理打刻や改ざんの心配が少なくなる

不正打刻はれっきとした犯罪ですが、「適切に勤怠を管理できていない企業側に落ち度がある」と判断されることが多いのも事実です。過去には勤怠の不正をはたらいて自主退職を迫られた従業員が起こした裁判により、企業側が敗訴した例もあります。

勤怠の不正リスクは限りなく減らしておくに越したことはありません。そのためには、Web打刻で客観的に労働時間を管理するのが有効な手段になります。

リモートワークや直行直帰にも対応できる

以下の画像は、スマートフォンからGPSを活用したWeb打刻の一例です。リモートワークや直行直帰を導入している企業は、GPS機能のある勤怠管理システムを使うことで、打刻時の位置情報を取得できます。

また、所定の場所で業務を遂行したのか確認できるのも大きなメリットです。スマートフォンを使って打刻できるため、営業担当者にも最適な方法です。

kintai-location.png紙のタイムカードで勤怠管理をしている場合、通常は事業所にある打刻機でタイムスタンプを押すことで勤怠時刻を記録するため、基本的には出社が必要になります。

しかしWeb打刻であれば、インターネットにつなげられるPCやスマホさえあればどこでも打刻が可能です

事業所外でもスムーズに出退勤の登録ができるため、リモートワークや外回り営業、出張の多い企業との相性が抜群といえます。事業所外で本当に業務を行っているのか不安な場合は、打刻場所を記録できるGPS打刻を利用すると安心です。

タイムカードを押すために事業所に戻ったり、後からまとめて勤怠入力をしたりする必要もなくなるため、結果的に勤怠管理の問題を減らすことにつながります。

残業管理が容易になり、「気づいたら法律違反していた」という事態を防げる

紙のタイムカードを使っている場合は、従業員の労働時間や働き方をリアルタイムで把握できないため「所定の労働時間を超えていた」「気づいたら法律違反状態になっていた」という事態に発展する可能性があります。

月末に労働時間を集計して初めて36協定で定めた残業の限度時間を超えていた従業員がいたことに気づき、ヒヤッとした経験がある管理者の方も多いのではないでしょうか。

一方Web打刻を使えば、以下のような機能により残業時間の管理がしやすくなります。

  • 残業の限度時間を超過しそうな従業員に事前にアラートで通知することができる
  • 従業員の打刻内容がリアルタイムで集計され、グラフにすることもできるため、管理者が従業員の労働時間を把握しやすい
  • 労働に関する法令の改正があった場合、勤怠管理システム側が法令に沿ったアップデートを自動で行ってくれる

▼残業時間を通知するアラート機能のイメージ

zangyou_tuuti.jpg

こちらは、残業時間がシステムで設定した時間を超えた際に、自動で社員本人にメール通知するアラート機能です。製品によっても異なりますが、「チムスピ勤怠」では、通知対象となる残業時間を複数設定して段階的に通知することもできます。

※システムによっては対応していないものもあります。

このような理由から、Web打刻は会社のリスクを減らすことを目的として導入されることも多いです。

集計が容易かつ、労働環境の分析なども行える

タイムカードを用いた勤怠管理では、電卓などを使って労働時間の集計を手作業で行う必要があります。

しかし勤怠管理システムなら、打刻情報をリアルタイムで自動的に集計が可能です。勤怠管理業務にかかるコストや時間を大きく削減できるため、担当者の負担も大きく減らせるでしょう

▼打刻された情報が自動で記録・集計される機能のイメージ

image-type.png

また集計したデータは給与計算のために使うだけではなく、グラフにして分析も可能です。例えば以下のような使い方ができます。

  • 部署別にソートをかけて勤務表を出力し、残業の多い部署を割り出す
  • 法定外労働時間でソートをかけ、残業が多い従業員をチェックする
  • 従業員ごとのアラートの回数をチェックし、労働環境に問題がありそうな従業員を把握する

製品によってはデータを見やすくまとめられるダッシュボード機能もあり、さまざまな観点から労働環境の分析に役立てられます。

▼勤怠データをグラフ化できるダッシュボード機能のイメージ

gurahu_dashboard.png

給与計算システムや他システムと連携できる

多くの勤怠管理システムには、他のシステムとの連携機能があります。連携機能を使うと、例えば以下のようなことが行えます。

  • 勤怠データを加工なしで給与計算システムにインポートする
  • 勤怠情報と従業員情報を紐づけて、管理を一元化する

特に給与計算システムと連携させることで、これまで手作業で行っていた給与計算の工数を大幅に削減できるでしょう。

例えば、以下のようなメリットがあります。

  • 勤怠情報の手入力(または転記)が不要になる
  • 勤怠情報をそのまま給与計算で用いることができるので、ズレやミスが発生しにくくなる
  • 勤怠情報の集計や給与計算にかかる人・時間のコストが削減できる
  • タイムカードなどの勤怠書類の現物保管・管理が不要になる(データ化できる)

給与システムとの連携には、汎用性の高いCSV連携が便利です。CSV連携は、ほとんどの給与計算システムやエクセルに連携できるため、多くの企業で導入しやすいでしょう。

例えば以下は、勤怠管理システム「チムスピ勤怠(旧TeamSpirit)」で取得した勤怠情報を、給与計算ソフト「弥生会計」にCSV連携で取り込む際の手順です。

勤怠管理と給与システムの連携については、「勤怠管理と給与計算を連携するには?メリット・費用・選び方を解説の記事で詳しく解説しています。勤怠管理の一元化を検討している方は、合わせて確認してみてください。

Web打刻(勤怠管理システム)を利用するデメリット

Web打刻(勤怠管理システム)にはメリットも多いですが、注意する点もあります。

どのようなデメリットがあるのか、順番に見ていきましょう。

導入や運用にコストがかかる

Web打刻(勤怠管理システム)の多くは、導入や運用にコストがかかります。

一般的に、Web打刻(勤怠管理システム)の導入費用は、以下が目安となります。

  • 初期費用・・・0~約20万円
  • 月額費用・・・1ユーザーにつき約100~約800円

初期費用を無料にしている勤怠管理システムもありますが、毎月の固定費は外せません。

そのため、Web打刻(勤怠管理システム)を導入するためには、ある程度の固定費を見越しておく必要があります。

インターネット環境や打刻デバイスが欠かせない

Web打刻(勤怠管理システム)には、インターネット環境がなくては使えません。リアルタイムでWeb打刻を反映させるためにも、安定した通信環境にしておく必要があります。

そのため、導入前には、インターネット環境が万全なのか確認しなければいけません。また、万が一インターネットが使えなかった時のための対策も必要です。

また、そもそも従業員がスマートフォンやPCなど、打刻を行うためのデバイスを所持している必要があります。デバイスを持っていない従業員が多い場合は、Web打刻は向かない可能性があります。

デジタルデバイスに不慣れな従業員の教育が必要になる

Web打刻(勤怠管理システム)の製品によっては、PCやスマートフォンの操作が必要です。従来のタイムカードのようなアナログ方法ではないため、デジタルデバイスに不慣れな従業員には逆に難しく感じることもあるでしょう。

すべての従業員が安心して利用できるよう、Web打刻(勤怠管理システム)の導入前には、研修を設けるといった対策が必要です。

また、従業員の年齢層によっては、デジタルデバイスの利用自体にストレスを感じてしまいます。その場合、より操作が簡単なICカードや生体認証の機能がある勤怠管理すステムを選ぶようにするといいでしょう。

ICカードと生体認証の仕組みは、以下の通りです。

ICカード

PCに接続したICカード読み取り端末に、ICカードをかざす

生体認証

顔認証や指紋認証、静脈認証に対応した機器を設置し、生体認証を行う

特にICカードは、ICカード読み取り端末にかざすだけで勤怠報告できます。従来のタイムカードと使い方に大きな違いはありません。従業員は、デジタルデバイスを使わなくて済むため、操作しやすいでしょう。

なりすましの防止や、より高いセキュリティ性能を求める場合は、生体認証打刻のあるシステムがおすすめです。以下のように、スマートフォンやタブレットさえあれば専用の端末不要で生体認証が使える製品もあります。

▼顔認証での打刻のイメージ画像

kaoninsyo_dakoku.png

Web打刻(勤怠管理システム)の導入をおすすめする企業・そうでない企業

Web打刻(勤怠管理システム)の導入をおすすめする企業は、以下の通りです。

Web打刻の導入をおすすめする企業

  • 現在タイムカードなどアナログな方法で勤怠管理をしており、不便を感じている企業
  • リモートワークを導入している企業
  • 直行直帰など、オフィス外での業務が多い企業
  • シフト勤務など、業務時間が不規則な企業
  • 会社規模を拡大している最中の企業
  • 過去に不正打刻が発生したことのある企業

Web打刻の導入が向いていない企業

一方、Web打刻(勤怠管理システム)をおすすめできないのは、以下に当てはまる企業です。

  • 費用をかけずにWeb打刻や勤怠管理システムを使いたい企業
  • インターネット環境が万全でない企業
  • 従業員がデジタルデバイスを支障なく使える企業

以下のようなWeb打刻のデメリットを許容できない企業には、あまりおすすめできません。

  • 月額料金が発生する
  • インターネット環境がないと打刻できない
  • PCやスマホの操作が必要になるので、デジタルデバイスに慣れていないと操作を難しく感じる場合がある

上記のデメリットが気になる企業は前述の通り、ICカードを検討してみるとよいでしょう。ICカードの導入には、従業員の保有率の高いICカード規格を選ぶと便利です。

規格

FeliCa

  • 交通系ICカード
  • ICカード型電子マネー
  • おサイフケータイ など

Mifare

  • 社員証
  • タスポ など

FeliCa対応の規格であれば、交通系ICカードやおサイフケータイなども利用できます。複数の種類のICカードを利用できるため、従業員に調査してみるのもおすすめです。

Web打刻ができる勤怠管理システムの費用

Web打刻を利用するためにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?目安を知るために、以下の相場をチェックしておきましょう。

  • システムの導入・運用にかかる費用
  • Web打刻専用のデバイスやハードウェア(機器類)の利用にかかる費用

システムの導入・運用にかかる費用

まずは、システムの導入・運用にかかる費用からお伝えします。費用相場は以下の通りです。

初期費用

無料~250,000円程度

月額費用

1ユーザーにつき100円~800円

打刻デバイスの費用

0円~50,000円程度

※打刻方法によって異なります。Web打刻の場合は、基本的に費用はかかりません。

勤怠管理システムを導入する際、通常はICカードや指静脈などを読み取るための機器が必要です。しかしWeb打刻はPCやスマートフォンがあればWebを利用して打刻できるため、専用の機器は必要ありません。

自社に合うWeb打刻対応の勤怠管理システムを選ぶ3つのポイント

自社に合う勤怠管理システムを選ぶ際は、以下3つのポイントを検討して決めるのがおすすめです。

自社に合う勤怠管理システムを選ぶ3つのポイント

  1. 多機能な製品とシンプルな製品のどちらが合うか考える
  2. 自社の就業規則に合わせられるかチェックする
  3. 複数の価格帯の製品に目星をつけてベンダーに相談する

それぞれ要点を解説していきます。

選び方1.多機能な製品とシンプルな製品のどちらが合うか考える

Web勤怠管理システムは、機能の数やカスタマイズの充実度によって「多機能」なタイプと「シンプル」なタイプに分けられます。どちらのタイプが自社に合っているかは、以下のポイントで確認しましょう。

多機能タイプがおすすめ

シンプルタイプがおすすめ

  • 従業員数が50名以上の中規模~大規模の企業
  • 今後事業規模が拡大し、従業員数が増える可能性がある
  • 将来的な就業規則の変更や修正にも柔軟に対応したい
  • リモートワークなど、多様な働き方を採用している
  • 従業員数50名以下の小規模かつ今後も従業員数が変わらない見込みの企業
  • 自社に最適なシステムが分からず、かつ費用もできる限り抑えたい

機能がシンプルな製品は、費用が安い傾向にあります。

ただし製品価格だけで選んでしまうと結果的に「損」になるケースもあるため、注意が必要です。例えば将来的な就業ルールの変更に対応できない製品を選ぶと、リプレースが必要になり時間とコストに無駄が生じる可能性があります。

そのため、価格だけでなく「自社にとって必要な機能がそろっているか」「今後企業の規模が大きくなる可能性はないか」など、先々を見据えた上でシステムを選ぶことも重要です。

また、多機能な製品は業務を自動化してくれる機能が多く、長い目で見ると人件費や業務負担の削減が期待できるでしょう。

機能数や価格以外のポイントも十分に考慮した上で「多機能」にするか「シンプル」にするかを考えましょう。

選び方2.自社の就業規則に合わせられるかチェックする

システムを選ぶ際は、自社の就業規則をどこまでシステムに反映させられるかを細かくチェックしていきましょう。

Web打刻を目的として勤怠管理システムを選ぶ場合、打刻方法や費用のみに着目して製品を選んでしまいがちです。しかしWeb打刻ができたとしても、そのデータを柔軟に取得し活用できるかどうかは別の問題です。

例えば、同じ「Web打刻ができる勤怠管理システム」でも、以下のような想定外のデメリットがあり、自社の就業ルールに合わせられないケースもよくあります。

  • リモートワーク中の外出や休憩を細かく登録できなかった
  • 部署ごとにコアタイムを変える設定ができなかった
  • フレックスタイム制の清算期間を3カ月以内に設定したかったのに、1カ月以内の設定しかできなかった

このようなことが起こると、結局手作業で集計したりデータを加工したりする手間が増えてしまい、業務効率を改善できません。

「自社の就業規則に合うシステム設定ができるかどうか」は、Web上の情報から確認することが難しいため、最終的にはベンダーに相談して比較することを強くおすすめします。

選び方3.複数の価格帯の製品に目星をつけてベンダーに相談する

以下の理由から、勤怠管理システムを選ぶ際はベンダーに相談することをおすすめします。

  • ホームページや商品説明だけではわからない機能や仕様がたくさんある
  • 実際に操作してみたときの使いやすさは、実物を触ってみないと判断できない
  • 自社の就業規則に合う設定ができるかは、ベンダーに聞かないとわからない

ベンダーに相談すれば、「自社にとって必要な機能、なくてもよい機能はどれか」「自社の就業規則に合わせた設定や運用のポイント」などについてアドバイスをもらえます。

また「この価格帯の製品の機能では、自社の働き方に対応させることができなかった(逆にもう少し機能を減らしてコストカットができる)」ということもあるため、複数の価格帯の製品からいくつかピックアップして、相談してみるのがおすすめです。

勤怠管理システムの詳しい選び方については「勤怠管理システムの選び方|種類や機能の違い・よくある失敗例も解説」の記事もあわせてご確認ください。

Webに対応した勤怠管理システムのおすすめ6製品を比較

Web打刻ができるおすすめの勤怠管理システム6製品を紹介します。自社に適したものを選んでみてください。

規模の大きい企業、システムの要件が多い企業におすすめ

チムスピ勤怠(チムスピシリーズ)

freee人事労務

TimePro-VG

打刻方法

PCブラウザ
スマホ・タブレット
Slack連携
PCログ
タイムレコーダー
ICカードリーダー
NFCカードリーダー
Mifare(マイフェア)カード・シール
生体認証
セキュリティドア

PCブラウザ
スマホ・タブレット
ICカード打刻機
指紋・静脈認証
ICカードリーダー

PCブラウザ
スマホ・タブレット
生体認証(指静脈、顔、検温)
セキュリティリーダー
ICカード
紙カード式タイムレコーダー

初期費用

150,000円

無料

要見積り

月額費用

1人あたり月額400円~
※50IDから利用可能

1人あたり月額800円~
※勤怠管理機能を含める場合

要見積り

おすすめの企業

さまざまな勤務形態に対応させ、業務効率を大きく改善したい企業

Web打刻だけでなく、人事労務業務を一元管理したい企業

カスタマイズで自社のオリジナルシステムを構築したい大企業

規模が比較的小さく、打刻のみを行えればよい企業におすすめ

ジョブカン勤怠

ハーモス勤怠

AKASHI

打刻方法

PCブラウザ
スマホ・タブレット
モバイルGPS
チャットツール連携(LINE・Slack)
ICカード
指静脈
タイムレコーダー
顔認証
ジオフェンシング

PCブラウザ
スマホ・タブレット
QRコード
チャットツール連携(LINE・Slack・LINE WORKS)
ICカード

PCブラウザ
スマホ・タブレット
チャットツール連携(Slack・Chatwork)
ICカード打刻
静脈認証
顔認証打刻
顔認証・入退館打刻
PCログイン打刻

初期費用

0円

0円

0円

月額費用

1人あたり月額200円~500円

※500名以上の大企業は要相談

30名以下の場合:無料

31名以上の場合:1人あたり月額100円~

1人あたり月額200円~400円

おすすめの企業

機能を選んでコストを抑えたい企業

無料プランのあるWeb勤怠管理システムを探している中小企業

シンプルでわかりやすい打刻画面を使いたい企業

※最新の情報は、各提供会社へお問い合わせください。

おすすめ①チムスピ勤怠(チムスピシリーズ)

teamspirit-2.png
引用:チームスピリット公式サイト

チムスピ勤怠は、累計1,800社以上、50万ID以上の利用実績がある「チームスピリットシリーズ」の勤怠管理に特化した製品です。

変形労働制や裁量労働制、みなし労働制、管理監督者など多様な勤務体系に対応しており、打刻方法の種類も豊富に取り揃えているため、どんな企業でも柔軟に勤怠管理を行えます。カスタマイズ性の高さも強みであり、企業ごとに存在する100以上の勤務パターンに対応した実績があります。

「現在の勤怠管理の課題をどのように解決したら良いのかが分からない」という企業に対しては、詳細なヒアリングのもと、システムをどう運用することで解決できるかを提案することも可能です。

例えば、以下のようなことも行えます。

  • リモートワーク中の細かい中抜け時間の管理
  • 残業時間が規定を超えそうな従業員に対して事前に予測してアラートを出す
  • フレックスタイム制に対応しており、所定労働時間に対する過不足時間をリアルタイムに把握する

自社に適した運用ができるよう、ベンダーによるサポートや提案が充実している点も、評価が高い理由の一つです。

打刻方法

パソコン

スマートフォン・タブレット

PCログ

タイムレコーダー

ICカードリーダー

NFCカードリーダー

Mifare(マイフェア)カード・シール

生体認証

セキュリティドア

Slack連携

主な機能

多様な働き方に合わせた勤怠管理

テレワークを含めた勤務の「見える化」

電子稟議・ワークフロー

社内SNS

ダッシュボード機能

レポート機能

カレンダーアプリ連携

日報作成

シフト管理機能(オプション)

※経費精算ができる「チムスピ経費」や工数管理ができる「チムスピ工数管理」を追加し連動させることも可能です。

初期費用

150,000円

月額費用

1人あたり月額400円~50IDから利用可能)

※各企業のニーズに合わせたパッケージ価格もあります。

Web打刻機能の特徴

  • PCやスマホから、クリック(タップ)一つで簡単に打刻できる
  • 特定のIPアドレスからしか打刻できないように設定し、打刻する端末を限定できる
  • 普段からSlackを常時使用している企業であれば、「Slack連携打刻」を使えばシステムを立ち上げることなく日々の打刻を行えるようになる
  • スマホからの打刻時に、GPSの位置情報を記録できる

自社に最適な勤怠管理システムをお探しの方へ

  • 既存システムでは機能や柔軟性が不足しており、その課題を解決したい
  • 就業規則の変更や法改正に都度対応できるシステムを利用したい
  • 自社に合わせたシステム運用を提案・サポートしてもらいたい

このような企業には、100以上の勤務パターンへの対応実績があり、会社独自の細かいルールや法改正にも柔軟に対応できる勤怠管理システム「チムスピ勤怠」が最適かもしれません。

解決できる課題や運用イメージなどを具体的にまとめた「チームスピリット サービスご紹介資料」をご用意しました。勤怠管理システムの導入をご検討中の方は、まずは一度ご覧ください。

「チームスピリットのサービス紹介資料」をダウンロードする

おすすめ②freee人事労務

freee(フリー)人事労務公式サイト
引用:freee(フリー)人事労務公式サイト

「freee人事労務」は、勤怠管理だけでなく労務全般をシステムで一元管理したい企業向けのシステムです。給与計算から入社・退社手続きまで、幅広いバックオフィス業務をひとつのシステムで管理できます。

料金プランは「ミニマム」「スターター」「スタンダード」「アドバンス」の4種類ありますが、「勤怠管理機能」を使用する場合はスタンダードプラン以上の契約が必要です。

打刻方法

パソコン

スマートフォン・タブレット

ICカード打刻機

指紋・静脈認証

ICカードリーダー

主な機能

勤怠管理

労務管理

給与計算

給与明細作成

入社・退社手続き

年末調整

初期費用

無料

月額費用

1人あたり月額800円~

※勤怠管理機能を含める場合

※最新の情報は提供会社へお問い合わせください。

Web打刻機能の特徴

  • PCもスマホも同じUIなので、打刻操作がわかりやすい
  • 勤怠確認画面が馴染みのあるタイムカードと同じ見た目をしているので、残業や有休取得状況が確認しやすい
  • スマホからの打刻時に、GPSの位置情報を記録できる

おすすめ③TimePro-VG

TimePro-VG(タイムプロブイジー) 公式サイト
引用:TimePro-VG(タイムプロブイジー) 公式サイト

「TimePro-VG」は、歴史あるタイムレコーダーブランドAMANO(アマノ)が提供する勤怠管理システムです。カスタマイズ性が高く自社の課題にフィットしたオリジナルのシステムを構築できるため、独自の勤務ルールがある大企業に選ばれることの多い勤怠管理システムです。

労務リスクを回避する機能に優れており、今後の勤怠状況を予測しながらシステムが自動でアラートを出してくれます。

打刻方法

ICカード

紙カード式タイムレコーダー

PCブラウザ打刻

スマートフォン/タブレット

生体認証(指静脈、顔、検温)

セキュリティリーダー

主な機能

多様な労働時間管理

テレワーク労働時間管理

パート・アルバイトのシフト作成管理

ダッシュボード機能

届出ワークフロー

休暇管理

ドアセキュリティ管理

雇用契約書出力

履歴情報管理

人件費計算

初期費用

要見積り

月額費用

要見積り

※最新の情報は提供会社へお問い合わせください。

Web打刻機能の特徴

  • 打刻忘れや未承認申請が残っていないかなどを、システムがわかりやすく教えてくれる

おすすめ④ジョブカン勤怠

ジョブカン勤怠管理公式サイト
引用:ジョブカン勤怠管理公式サイト

「ジョブカン勤怠」では、簡単な操作で打刻、出勤簿の確認、勤怠データのダウンロードができます。

必要な機能を自由に組み合わせることができるため、無駄な料金を抑えつつ自社にとって必要な機能だけを利用することが可能です。

複雑なシフトの管理機能が充実している点もメリットです。

打刻方法

PC/タブレット打刻

ICカード打刻

指静脈打刻

タイムレコーダー打刻

モバイルGPS打刻

LINE打刻/Slack打刻

顔認証打刻

ジオフェンシング打刻

主な機能

出勤管理

シフト管理

休暇の申請管理

工数管理

自動集計

超過労働対策

医療機関特化

初期費用

0円

月額費用

1人あたり月額200円~500円

※500名以上の大企業は要相談

※最新の情報は提供会社へお問い合わせください。

Web打刻の特徴

  • 指定の場所のみからGPS打刻ができるように設定する「ジオフェンシング打刻」が使用できる
  • 打刻の数に応じて、出勤・休憩・退勤をシステムが自動で判定してくれる

おすすめ⑤ハーモス勤怠

ハーモス勤怠公式サイト
引用:ハーモス勤怠公式サイト

「ハーモス勤怠」最大の特徴は、月額無料プラン(勤怠機能全般を利用可能)がある点です。

30名以下の小規模な企業なら、まずは無料でWeb打刻を始めてみるのもおすすめです。

打刻方法

PCブラウザ

スマホ・タブレット

ICカード

QRコード

チャットツール連携(LINE・Slack・LINE WORKS)

主な機能

日次勤怠確認(打刻・勤務データ)

申請・承認(ワークフロー)

勤怠データ出力(CSV出力)

勤怠レポート(勤怠状況を可視化)

残業アラート(36協定で定める残業把握)

有給休暇等の休日・休暇管理

テレワーク・在宅勤務への対応

さまざまな就業規則への対応

初期費用

0円

月額費用

30名以下の場合は月額無料

31名以上の場合は1人あたり月額100円~

※最新の情報は提供会社へお問い合わせください。

Web打刻の特徴

  • QRコード打刻を使えば、特別な機器を導入しなくても職場に到着してから打刻をする仕組みを作れる
  • 打刻時の位置情報を取得する機能がある

おすすめ⑥AKASHI

AKASHI(アカシ)公式サイト
引用:AKASHI(アカシ)公式サイト

シンプルな操作性を特徴とする勤怠管理システムです。中規模の中堅企業から、使いやすさにおける高い評価を獲得しています。

出退勤管理機能(Web打刻機能を含む)のみ使いたい場合のプラン「タイムレコーダー」は、月額で1ユーザー200円から利用可能です。

承認申請のワークフロー機能やテレワーク機能を使いたい場合は、上位の「スタンダード」「プレミアム」のプランを選びましょう。

打刻方法

PC/タブレット打刻
ICカード打刻
静脈認証
顔認証打刻
顔認証・入退館打刻
PCログイン打刻
Slack打刻/Chatwork打刻

主な機能

勤怠管理
テレワーク管理
年休管理
労働時間把握
シフト管理
工数管理
福利厚生ポイント管理
各種申請・承認

初期費用

0円

月額費用

1人あたり月額200円~400円

※最新の情報は提供会社へお問い合わせください。

Web打刻の特徴

  • 業務用モバイル対応ICカードリーダーを使えば、野外などで電源がなくても打刻できる
  • スマホからの打刻時に、GPSの位置情報を記録できる
  • システムにログイン→マイページ→クリックの3ステップで打刻できる

今回紹介した以外にも、さまざまな勤怠管理システムがあります。自社にピッタリの製品を見つけたい方は、「勤怠管理システム10選|比較表付きでおすすめ製品を紹介の記事を確認してみてください。

無料の勤怠管理システムを利用する場合に確認しておきたいこと

Web打刻ができる勤怠管理システムの中には、プランによっては無料で使えるツールもあります。ただし無料で利用できるツールは以下のような特徴を持つことが多い点を押さえておきましょう。

  • 利用可能人数に制限がある
  • 利用可能機能に制限がある
  • データ保存期間・容量に制限がある
  • サポートに制限がある
  • 広告が表示される


無料プランだと「データ出力機能」などに制限があったり、データ保存期間が短期間であったりするものもあります。特に勤怠情報については労働基準法により5年間の保管が義務付けられていますので、知らないうちにデータが消えてしまったということのないよう十分に注意が必要です。

このように、無料で利用できる勤怠管理システムは何か制限がかかるのが一般的のため、制限なく使いこなすためには有料プラン・ツールを利用しましょう。

まとめ|場所や時間にとらわれないWeb打刻で、効率的に勤怠管理をしよう

Web打刻を使えば、PCやスマホから、いつでもどこでも打刻ができます。ただ打刻が便利になるだけでなく、管理者の業務負担も削減でき、以下のように多くのメリットがあります。

  • リモートワークや直行直帰などにも対応でき、効率の良い勤怠管理が行える
  • 不正打刻や改ざんを防止できる
  • アラート機能やグラフによる分析機能などによって従業員の働き方を「見える化」し、労働時間などをリアルタイムで把握できる

Web打刻で勤怠管理の手間を少なくしたいと考えているなら、勤怠管理システムの導入がおすすめです。

自社に最適な勤怠管理システムをお探しの方

  • 既存システムでは機能や柔軟性が不足しており、その課題を解決したい
  • 就業規則の変更や法改正に都度対応できるシステムを利用したい
  • 自社に合わせたシステム運用を提案・サポートしてもらいたい

このような企業には、100以上の勤務パターンへの対応実績があり、会社独自の細かいルールや法改正にも柔軟に対応できる勤怠管理システム「チムスピ勤怠」が最適かもしれません。
解決できる課題や運用イメージなどを具体的にまとめた「チームスピリット サービスご紹介資料」をご用意しました。勤怠管理システムの導入をご検討中の方は、まずは一度ご覧ください。

「チームスピリット サービスご紹介資料」を無料ダウンロードする