事例ポイント

課題
  • 上場に向け、労務や原価管理、決裁権限の運用を適切かつ効率的に行いたかった
  • 勤怠管理や稟議のペーパーレス化を進めたかった
効果
  • 社員の労働状況を上長がリアルタイムに把握し、適切な管理ができるようになった
  • 勤怠と整合のとれた工数実績が取得でき、プロジェクト原価管理を効率化できた
  • 稟議を効率化でき、上場審査においても決裁権限の明確性を証明できた
  • 勤怠管理にかかる工数を月間で2〜3日分削減できた

事例概要

機能
勤怠管理, 工数管理, 経費精算, 電子稟議, プロジェクト原価管理, レポート・ダッシュボード
業種
IT・インターネット, システム開発, コンサル・士業
従業員数
1〜99人
特徴
自動化による作業時間の削減, ペーパーレス・脱エクセル, IPO前後の内部統制強化, コストパフォーマンスの向上, データの見える化・分析, プロジェクト原価管理の効率化

様々なデータを活用し世の中に継続的に貢献できる"社会のインフラ"となることを目指すデータセクション株式会社様。2000年の会社設立から2014年12月東京証券取引所マザーズ市場に上場を果たしました。

従来から勤怠管理でTeamSpiritを活用いただいていた同社ですが、この上場審査にあたってはTeamSpiritの導入効果をより大きく感じる事になったそうです。

時節柄厳しく審査されるという、労務管理、原価計算、決裁権限の適切な運用の面や、成長を続ける同社においてTeamSpiritがどのように貢献しているのかを語って頂きました。

データセクション株式会社

設立
2000年7月
事業内容

SaaSサービス事業、リサーチコンサルティング事業、ソリューションサービス事業

URL
http://www.datasection.co.jp/
取材年月
2015年2月

関連する事例

関連する事例