本セミナーは終了しました

【IPO準備企業必見!】 IPOフレームワークによる最適なバックオフィスデジタル化の考え方

適切なデジタル化は統制と業務処理能力の強化に直結し、IPO準備の負担を大幅に減らし、その成功の可能性を高めます。

また、IPO準備だけでなく、上場後の企業価値向上のスピードにも大きく貢献します。

大量の顧客情報をきめ細かく管理し、市場環境にスピーディに適応した製品・サービスを多品種・少量であっても低コストで提供し、

会社の業績を細かい粒度で分析し、リアルタイムにフォーキャストを把握するなど、適切なデジタル化による強力な統制と業務処理能力があればこれらを実現することができます。

そのためには、適切なデジタル化を行うためのフレームワークこそ重要となります。

第一部の基調講演では、元監査法人代表で、現在では複数の社外取締役に就任されている羽入様をお招きし、

IPOフレームワークによる最適なバックオフィスデジタル化の考え方を、ご自身の経験を踏まえ、多角的かつ専門的な視点から分かりやすく解説いただきます。

第二部では、クラウドERP「ツバイソ」を提供する「ツバイソ」、第三部では、クラウド勤怠管理「TeamSpirit」を提供するチームスピリットより、

数多の新規上場を支援した実例を交え、IPOフレームワークによる最適なバックオフィスデジタル化の考え方に沿ってのポイントをお話いたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

こんな方におすすめです

  • IPOを準備中、または視野に入れている企業の管理部門・CFOの方
  • IPOに向けたクラウドサービスを調査中・ご検討中の方
  • 業務全般においてデジタル化を進めたい情報システム部の
  • 経営基盤の強化を進めていきたい方

開催概要

開催日時2022年3月22日(火)13:00〜14:15(受付開始 12:50)
※当日の進行状況により、時間が前後する場合がございます
対象・経営層・管理部門の責任者様
・総務、人事、労務部門の方
プログラム

【第一部】IPOフレームワークによる最適なバックオフィスデジタル化の考え方

【第一部】IPOフレームワークによる最適なバックオフィスデジタル化の考え方

■13:00〜13:25

【講演者】

公認会計士
株式会社PRTIMES 監査役
RPAホールディングス株式会社 社外取締役

羽入 敏祐

【講演内容】

初めてのIPO

●課題満載のプロジェクトをスマートにこなす管理のツボ

DXを見据えた後悔しないバックオフィスづくりを目指して

【第二部】RobotERPによる企業活動全体のデジタル化事例

【第二部】RobotERPによる企業活動全体のデジタル化事例

■13:25〜13:50

【講演者】

  ツバイソ株式会社
  代表取締役CEO/公認会計士
  印具 毅雄

【講演内容】

IPOフレームワークにおける機能カバー範囲

●IPOの業務負担を減らすIT業務処理統制のための機能ポイント

●会社の業績向上、生産性向上のための機能ポイント

【第三部】IPO企業から聞くTeamSpiritの活用法

【第三部】IPO企業から聞くTeamSpiritの活用法

■13:50〜14:15

【講演者】

株式会社チームスピリット
戦略企画室 マネージャー エバンジェリスト
荻島 将平

【講演内容】

●なぜIPOを目指す企業はTeamSpiritを選ぶのか

●最新の働きかたを表現できる勤怠・就業SaaSの選び方

●ヒューマンリソースを最大活用するために必要なこと

参加費無料
定員50名(各社2名まで)
参加方法・本セミナーはオンライン配信サービス「Zoom」を用いて開催いたします。当日はZoomをご視聴可能なPCやスマホからご参加ください。
・セミナーお申し込み後、「セミナー参加用リンク」を記載したメールをお送りいたします。
ご注意事項

・1社2名でご参加いただく場合には、ご面倒ではございますが、お一人様ずつお申し込みください。
・競合他社様、個人の方などのご参加はお断りさせていただく場合がございます。