【拡張機能を追加!】コロナ禍で役立つ、TeamSpiritのテレワーク・時差出勤機能11選

【拡張機能を追加!】コロナ禍で役立つ、TeamSpiritのテレワーク・時差出勤機能11選

クラウドで勤怠管理や工数管理、電子稟議などバックオフィス業務を一元化するTeamSpiritは、以前から豊富なテレワーク対応機能により、多くのお客様のテレワーク導入・運用に活用いただいてまいりました。

コロナ禍でテレワーク勤務を日常的に行うことが多くなった現在では、お客様から
社員の勤務状況を一覧で可視化したい」や
交通費をオフィス出社/在宅かを考慮して支給したい」などのご要望を複数いただき、
この度、これらのお悩みの解決に役立つ拡張機能を追加いたしました。

この記事では、新しく追加した拡張機能と以前からご好評いただいているテレワークや時差出勤に関する機能について、どんなことができるのか機能の概要や実際の画面をご紹介いたします。

目次

⒈ 【新拡張機能】 社員の勤務状況の可視化

「部下が出社しているのか、退社しているのかわからない」「同僚が一時抜けや休暇をとっているのかわからない」といったお客様の声にお応えし、「ダッシュボード」機能で社員の勤務状況を一覧で可視化できるようにいたしました。

これにより、下記を確認することが可能です。

  • (非)勤務日:本日が「勤務日」「非勤務日」「休日出勤」か
  • 勤務状況:「勤務中」「勤務外」「直行/直帰」か
  • 休暇取得情報:「終日休」「午前/午後半休」「時間単位休」か
  • 出社・退社時刻:本日の出社・退社をした時刻




2. 【新拡張機能】出社/在宅勤務を記録、管理

「交通費をオフィス出社/在宅かを考慮して支給したい」「オフィス出社/在宅勤務の日数の集計を行いたい」といったお客様の声にお応えし、毎日の出社状況(出社/在宅勤務など)を記録・集計できるようにいたしました。

下図のような画面(勤務表画面とは別の新しい画面)から、記録を行います。

これにより、在宅勤務日数や交通費支給対象日の確認をスムーズに行うことができます。


⒊ 【新拡張機能】出勤情報と経費明細を一覧で可視化

テレワークの拡大により、通勤定期代支給を実費支給に切り替えるお客様が増えたため、下図のように出勤情報と経費明細を合わせて一覧で可視化できるようにし、交通費の支給などの確認をスムーズに行えるようにいたしました。




⒋ 在宅勤務の申請・承認

「勤務表」から、在宅勤務の申請をすることが可能です。単日だけでなく、複数日の在宅勤務申請をまとめて行うことも可能です。
申請後は、あらかじめ設定した承認経路に従って回覧が行われます。


⒌ 時差出勤の適用、申請・承認

時差出勤のために、特定の日だけ元々設定している勤務時間とは異なる時間を設定することが可能です。

方法としては、「⒋ 在宅勤務の申請・承認」と同様に、「勤務表」から社員が変更の申請をする方法と、管理者側で同じ勤務体系の社員の勤務時間を一括で変更する方法があります。


⒍ 社員が勤怠打刻をした位置情報の把握

勤怠打刻時に位置情報を記録する設定を有効(チェックあり)にすることで、社員が勤怠打刻をした場所を記録することができます。

記録した位置情報は、打刻と同時に社内SNSに投稿するように設定することや、「レポート」機能を利用して一覧で確認することができます。


打刻時に社内SNSに位置情報を投稿

「レポート」機能で出社打刻位置を一覧化


⒎ ログインの制限(IPアドレス制限)

TeamSpiritにログインする際、特定のIPアドレスや特定の曜日・時間でのアクセスを制限することが可能なため、長時間労働防止や、自宅の私物パソコンからのアクセス防止に役立てることができます。


⒏ 1日に複数回の出社・退社打刻

お子さんのお迎えや通院などで一時的に離席し、再度勤務する場合でも、1日に複数回の出社・退社打刻を行うことが可能です。

退社〜再出社までは休憩時間となり、自動的にこの時間を除いた時間が勤務時間として記録されます。

また、各休憩時間の開始/終了時刻は、「レポート」機能を利用して一覧で確認することができます。


⒐ 在宅勤務時の業務内容の把握・可視化

「工数管理」機能を利用し、どの業務にどのくらいの工数を投下したかをスライダーで登録することや、日報形式で作業報告をすることが可能です。

日報は下図のように日次の作業報告のほか、タスク毎の作業報告を行うことも可能です。

登録された工数は、「ダッシュボード」機能を利用し、下図のように様々な切り口(個人毎やチーム毎、プロジェクト毎など)で可視化することが可能です。

また、「社内SNS」機能により、データを元にしたコミュニケーションを行うことができるため、離れた場所でも実績を元にしたマネジメントを行うことが可能です。


10. 特別休暇の作成・運用

コロナ禍の現在は特に、社員が発熱などの症状が見られる際など、休みやすい環境の整備が求められますが、TeamSpiritでは、会社独自の休暇を作成・運用することが可能です。

特別休暇を日数管理休暇(日数、制限付きで付与する休暇)とした場合には、取得日数(消化日数)のほか、残日数(取得可能日数)や休暇の有効期限を社員が自分で確認することも可能です。


11. 紙の申請の電子化

「電子稟議」機能を利用することで、勤怠管理・経費精算・工数管理に関する承認はもちろん、その他の承認が必要な申請について電子化することが可能です。

稟議フォームやワークフローは柔軟にカスタマイズが可能で、申請や承認、差し戻しなども全てクラウド上で完結することができるため、テレワークでもスピーディな意思決定をすることが可能です。

テレワークのご相談もお気軽に

TeamSpiritのご活用で、皆様の効果的なテレワーク導入・運用をお手伝いさせていただきます。ご質問やご提案依頼はお気軽にお問い合わせください。

TeamSpiritの最新情報をお届けします

お客様の個人情報の取り扱いについて「プライバシーポリシー」をお読みいただき、
同意いただける場合にのみお申し込みください。

まずは資料請求

製品概要が3分で早わかり
TeamSpiritの機能特徴や選ばれる理由を
ご覧いただけます

担当者に相談する

導入に関するご質問や
実際の画面操作を見ながらの製品デモまで
お客様のご連絡をお待ちしております

無料トライアル

正式版と同一機能・操作が可能な
無料版TeamSpiritをご提供しています
まずはTeamSpiritを体験してください