プロジェクトの見積りをワンアクションで

TeamSpiritのプロジェクト原価管理システムはメンバーや職種毎に単価を設定することができるため、受注前の段階からリソースベースで正確なプロジェクトの見積りを算出することができます。面倒な単価計算もTeamSpirit上で完結できるため、セールスの効率向上を後押しします。

Salesforceと簡単連携

TeamSpiritのプロジェクト原価管理システムは、Sales Cloud (SFA)の「商談」とを連携させて案件化の前から営業の活動状況を把握、営業費や一般管理費を直接労務費として計上し、より正確な原価管理ができるようになっています。受注前の潜在的な需要に基づくリソース計画を立案することもでき、受注後はそのままプロジェクトの予実管理にも活用していただけます。TeamSpiritを使えば、セールスから受注後の原価管理を、スピード感をもって進めることができるようになるのです。

クラウド上でリアルタイムな
プロジェクト原価管理を実現

TeamSpiritならではのデータ連携
プロジェクトの収益性と生産性を高めるには、時間とリソースの適切な配分が求められます。TeamSpiritのプロジェクト原価管理システムでは従業員が入力した工数経費の情報を連携できます。
マネージャーが「すべきこと」をひと目で察知できる
日々新しいプロジェクトが作成され、作業実績が更新されるので、プロジェクト毎に予算とリソース配分を設定しておけば、日々リアルタイムで正確な予実管理を自動で行うことができるようになります。
事業計画づくりに役立つデータがすぐ取り出せる
プロジェクト単位の損益やアサイン状況を把握することで、将来のリソース状況を予測したり、仕事の充足状況を把握することができます。最適な営業計画、経営計画を描くことにもつながります。

毎日の業務管理を一つに。
それが、TeamSpiritです。

TeamSpiritは勤怠管理や工数管理、経費精算など日々の従業員機能にワークフローや分析ダッシュボードが一体化された「働き方改革プラットフォーム」です。

TeamSpiritプロジェクト原価管理の
主な機能

原価設定機能

メンバーや職種ごとに原価(単価)を設定することで、見積りや原価計算に使用できます。

プロジェクト計画作成

プロジェクト毎に予算やアサイン情報を設定し、TeamSpirit上で管理することができます。

Salesforce連携

Sales Cloud(SFA)の「商談」とを連携させ、商談段階からリソースベースでプロジェクトの見積りを算出できます。

プロジェクト実績登録

TeamSpritの工数管理から得られた作業実績を取り込み、プロジェクト毎の実績登録を自動で行います。手入力も可能です。

見積り作成

設定された単価情報を使用して、プロジェクトの見積書を作成できます。

レポート作成機能

TeamSpiritのレポート・ダッシュボード機能で、プロジェクト単位の損益や負荷状況、リソース状況をリアルタイムに可視化します。

まずは無料トライアルで体験

30日間の無料トライアルをご用意しています
TeamSpiritの使いやすさをぜひ実際にお試しください

まずは無料トライアルで体験

よくある質問

工数はどのように入力できますか?

バーを使って、1日の勤務時間全体に対する複数業務の割合で按分することも、特定の時間を手動で入力することも、この2つの方法を組み合わせることも可能です。

顧客ごとに社内工数がどのくらい使われているか確認可能ですか?

はい、プロジェクト/顧客毎に指定した期間で各社員/部署などでどれくらい工数を利用しているかの集計がリアルタイムで確認可能です。

Salesforce のライセンスは必要ですか?

必要ありません。Salesforce を利用していないお客様もご利用可能です。

※既に Salesforce の Enterprse Edition を一部ユーザでご契約されている場合も同じ組織で TeamSpirit を利用することは可能です。SalesCloud などの機能を利用していないユーザも TeamSpirit の利用料金のみ、同組織でTeamSpiritを利用可能です。

トライアルは可能ですか?

はい、最大5ユーザまで30日間無料トライアルが可能です。こちらのフォームよりお申し込みください。

関連リンク:
トライアル

担当者に相談する

導入に関するご質問や
実際の画面操作を見ながらの製品デモまで
お客様のご連絡をお待ちしております

無料トライアル

正式版と同一機能・操作が可能な
無料版TeamSpiritを30日間ご提供しています
まずはTeamSpiritを体験してください