パフォーマンスを比較して社内の「生産性」を分析

TeamSpiritのダッシュボードは、経営者やマネージャーが本来するべき企業のPDCAサイクルを健全に回転させるためのサポートツール。発想ひとつで社内に隠れている「成長の芽」を見出せるようにし、変化の時代に成長を求める企業の"成長力"をさらに高めます。

例えば、AチームとBチームのメンバーそれぞれの工数と経費の関係性を確認して、本当にその疑問が正しいものなのかをチェックした上で、「各メンバーの時間の使い方や仕事の段取りなどにどんな点で違いがあるのか」といったことを丁寧に分析できるようになっています。このようにパフォーマンスを比較することで、答えやヒントが見つかるはず。ここで得られた情報をもとに、自然発生的に行われていた仕事の進め方を標準的な仕事の進め方として昇華するなどを行えば、社内全体の改善を促すことにもつながるでしょう。

dashboard_img_work_time01.jpg

マクロな視点で直感的に、
会社の"今"を把握する

取得したデータや集計結果をグラフィカルに表示するTeamSpiritのダッシュボードを活用することで、チームや部門・部署単位など様々な切り口から自社の「今の働き方」がどのようなものかを直感的に把握し、課題にいち早く対応することが可能となります。例えば「36協定に抵触するケース」などの条件に該当する人だけを抽出して表示させることもできるので、経営陣やマネージャークラスに求められる「安全な職場環境づくり」もスマートに実現できるのです。

Excel感覚の操作で
データの集計作業も簡単

勤務実績、工数実績、経費の使用状況などTeamSpiritで取得したデータは、TeamSpirit上で集計作業を実行してレポートを作成することができます。作成したレポートは会社やチームで共有したり、もちろんファイルとして出力することも可能です。
集計業務が初めての方でも、TeamSpiritのサポートサービスでお客様独自のレポートテンプレートの作成もご支援しています。

毎日の業務管理を一つに。
それが、TeamSpiritです。

TeamSpiritは勤怠管理や工数管理、経費精算など日々の従業員機能にワークフローや分析ダッシュボードが一体化された「働き方改革プラットフォーム」です。

TeamSpiritレポート・ダッシュボードの
主な機能

多用なデータビジュアライズ

TeamSpiritのダッシュボードはグラフや表といった複数のコンポーネントを用意しており、取得したデータを手軽に可視化することができます。

アラート機能

ダッシュボードはリアルタイムにデータを反映するので、従業員の残業時間が一定値を超えるとマネージャーにアラートするといった設定が可能です。

レポート編集機能

TeamSpirit上でピボットテーブルを組むことができ、簡単にレポートを作成することができます。

レポート定期実行

条件を指定すれば定期的にレポート作成を実行することができ、例えば週1回レポートを出力してメールで周知するといったことも可能です。

権限の制限

レポート・ダッシュボード毎に、閲覧権限を設定することが可能です。

まずは無料トライアルで体験

30日間の無料トライアルをご用意しています
TeamSpiritの使いやすさをぜひ実際にお試しください

まずは無料トライアルで体験

よくある質問

役職ごとに表示する費目の制限はできますか?

はい、役職や部署ごとなどのグループを作成してグループごとにどの費目を表示するか設定が可能です。

36協定の限度時間を超えそうな社員を確認する方法はありますか?

はい、36協定に抵触しそうなユーザをレポート機能を利用して一覧で表示することやユーザに警告を表示することが可能です。

価格はいくらですか?

TeamSpiritは1ライセンスあたり600円/月(最低利用料金50ライセンス・30,000円〜)となります。初期登録料などの詳細やその他の製品は価格ページをご覧ください。

トライアルは可能ですか?

はい、最大5ユーザまで30日間無料トライアルが可能です。こちらのフォームよりお申し込みください。

関連リンク:
トライアル

担当者に相談する

導入に関するご質問や
実際の画面操作を見ながらの製品デモまで
お客様のご連絡をお待ちしております

無料トライアル

正式版と同一機能・操作が可能な
無料版TeamSpiritを30日間ご提供しています
まずはTeamSpiritを体験してください