複雑なシフト計画もクラウド上でスマートに一元管理

離れた店舗や作業場、チェーン店全体のアルバイトを含めた従業員のシフト表もTeamSpiritで簡単作成。現在運用しているシフト管理表(Excel)を取り込むこともできるので、現場に混乱をきたすことなく導入いただけます。関係するすべての場所のシフト計画を一元管理できるので、日毎のリソース過不足を集計したり、繁忙期の他店舗支援など、状況に合わせて簡単にリソースを再編成することができます。クラウド上で管理するため、スタッフへの共有もスムーズに行うことができます。

スタッフごとの勤怠管理もラクラク

TeamSpiritのシフト管理システムにシフト情報を取り込むことで、スタッフそれぞれのシフトに応じた残業計算を自動で行うことができます。手間なくシフト勤務の勤怠管理が実現するため、マネージャーは店舗ごとの支援や経営計画を立てるなど、創造的な活動に集中することができるようになるのです。

毎日の業務管理を一つに。
それが、TeamSpiritです。

TeamSpiritは勤怠管理や工数管理、経費精算など日々の従業員機能にワークフローや分析ダッシュボードが一体化された「働き方改革プラットフォーム」です。

TeamSpiritシフト管理の
主な機能

シフト作成

TeamSpirit上でシフト計画を作成できます。シフト計画は「仮登録」と「本登録」の2段階で作成ができ、現場の運用に合わせてご活用いただけます。

シフトパターンの設定

あらかじめ複数パターンのシフトを登録することができ、スタッフに割り当てることが可能です。

集計機能

TeamSpirit上で作業人員(日単位)や作業日数(人員単位)の集計を行うことができます。集計結果をレポート・ダッシュボードで表示することも可能です。

勤務表との連動

TeamSpirit勤怠管理・就業管理システムTと双方向で連動し、シフトが作成されると各スタッフの勤務表にシフトと連動した勤務時間が反映されます。

外部データのcsv取り込み

現在運用しているシフト表など、外部からデータを取り込みTeamSpiritのシフト画面に反映させることができます。

作成シフトのcsv出力・印刷

TeamSpiritで作成したシフト表はCSVで出力することが可能です。また印刷プレビューもあるのでシフト表の印刷も簡単です。

まずは無料トライアルで体験

30日間の無料トライアルをご用意しています
TeamSpiritの使いやすさをぜひ実際にお試しください

まずは無料トライアルで体験

よくある質問

所定労働時間が法定労働時間より短いのですが、対応していますか?

はい、36協定で定められている法定労働時間までを所定の残業時間として別々に計算がされますので対応可能です。

遅刻、早退は、どのように集計されますか?

自己都合かそうでないかによって、遅刻/早退 としてカウントするのか、自己都合でない場合は、就業開始・終了時間まで勤務をしたことにみなすのか、などの設定が可能です。

どのような打刻方法がありますか?

Web、モバイルがあります。その他オプションで、タイムレコーダー、NFCリーダ(カードリーダ)、マイフェアカード・シール、顔認証、指静脈認証、セキュリティドアを利用しての打刻も可能です。

【関連動画】TeamSpiritを使った1日

担当者に相談する

導入に関するご質問や
実際の画面操作を見ながらの製品デモまで
お客様のご連絡をお待ちしております

無料トライアル

正式版と同一機能・操作が可能な
無料版TeamSpiritを30日間ご提供しています
まずはTeamSpiritを体験してください