セキュアな環境で社員情報をデータベース化して一元管理

Excelや紙など、これまで分散していた社員情報をクラウドでデータベース化して一元管理し、個人情報流出のリスクを低下させます。TeamSpirit社員情報管理システムは、人事管理者のみがアクセスできるクラウド環境でご用意しているため、社員情報へのアクセス制限を徹底しています。さらに集められた社員情報データは勤怠管理システムや経費精算システムのデータとも物理的に別環境で管理されるため、セキュアな状態がキープされるのです。
また社員情報の登録は諸届ナビ機能を使うことで、社員のセルフオペレーションでの登録が可能となっています。

200項目以上の社員情報をプリセット

社員情報の管理に必要な項目は企業によってさまざま。そこでTeamSpiritの社員情報管理機能は予め200項目以上のデータを用意しており、企業毎に必要な項目を選択するだけで設定が可能となっています。

HR_img_work_time02.jpg

履歴情報の管理が可能

社員情報の変更があった場合、変更を行った日ごとにその履歴が保存されます。また、 変更履歴をあとから追加・編集が可能なだけでなく、未来の日付で追加しておくことで、将来行う変更をあらかじめ予約しておくことも可能です。
変更履歴は、社員情報一覧画面・参照画面から確認できるほか、TeamSpiritのレポート・ダッシュボード機能を利用すれば全社員情報の履歴を一度に確認・出力することができ、自社の職場環境の可視化などにもご活用いただけます。

毎日の業務管理を一つに。
それが、TeamSpiritです。

TeamSpiritは勤怠管理や工数管理、経費精算など日々の従業員機能にワークフローや分析ダッシュボードが一体化された「働き方改革プラットフォーム」です。

TeamSpirit社員情報管理の
主な機能

初期登録項目

社員情報や部署情報など200以上の基本項目をプリセット、自社の管理目的に合わせてカスタマイズが可能です。

履歴情報管理・検索

TeamSpirit上で過去に変更のあった社員情報の確認・検索が可能です。

社員情報一覧表示

TeamSpiritのレポート・ダッシュボードを活用し、社員情報管理に登録されているデータを可視化できます。

データ登録・出力

CSVでの社員情報一括登録、または履歴情報の一括出力に対応しています。

まずは無料トライアルで体験

30日間の無料トライアルをご用意しています
TeamSpiritの使いやすさをぜひ実際にお試しください

まずは無料トライアルで体験

よくある質問

セキュリティは安全ですか?

すべてのデータは、金融機関も採用しているクラウドのプラットフォームSalesforcd Platform(PaaS)で管理されております。また、データーセンター内でもミラーリング、コピー、日次バックアップ等の体制で 99%以上の稼働率を維持しております。

関連リンク:
Salesforce Trust
Salesforce のライセンスは必要ですか?

必要ありません。Salesforce を利用していないお客様もご利用可能です。

※既に Salesforce の Enterprse Edition を一部ユーザでご契約されている場合も同じ組織で TeamSpirit を利用することは可能です。SalesCloud などの機能を利用していないユーザも TeamSpirit の利用料金のみ、同組織でTeamSpiritを利用可能です。

画面の表示言語を英語に切り替えることができますか?

はい、個人単位でいつでも、画面表示を英語に切り替えることができます。

パスワードを定期的に変更させることは可能ですか?

はい、パスワードの有効期間を 30日、60日、90日、180日、1年、無制限のいずれかに設定できます。

ログインアクセス制限は可能ですか?

はい、IP アドレスでのログインアクセス制限が可能です。また、どの IP アドレスからアクセスしているか等のユーザのログイン履歴も確認することが可能です。

担当者に相談する

導入に関するご質問や
実際の画面操作を見ながらの製品デモまで
お客様のご連絡をお待ちしております

無料トライアル

正式版と同一機能・操作が可能な
無料版TeamSpiritを30日間ご提供しています
まずはTeamSpiritを体験してください