働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」、シリコンバレーに拠点を置くJunifyと、テレワーク時のセキュリティ強化でシステム連携

働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」、シリコンバレーに拠点を置くJunifyと、テレワーク時のセキュリティ強化でシステム連携

〜出勤打刻から退勤打刻までの時間以外社内システムを使用不可にすることで、隠れ残業防止にも活用可能〜

働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を開発・提供する株式会社チームスピリット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荻島 浩司、以下チームスピリット)は、Junify(本社:米国 カリフォルニア州、CEO Dustin Shindo、以下Junify)が提供するスマートフォンを活用したITセキュリティプラットフォームJunifyと勤怠打刻連携を行います。連携サービスは、2019年5月24日より提供開始いたします。

【背景】
一億総活躍・女性活躍を推進するため、今年4月に働き方改革関連法がついに施行されました。さらに来年予定されている東京2020大会に向けて、期間中に企業にテレワークを促し交通需要マネジメントを行う東京都主催の「2020TDM推進プロジェクト」や、政府主催の「テレワーク・デイズ」も進められ、働き方改革の中でもテレワークの推進が急がれています。テレワークを導入することで、社員の通勤の負担が軽減されるほか、テレワーク導入で一社当たりの生産性が1.6倍に上がった(*1)というデータもあり、テレワークは企業と社員それぞれに大きなメリットを与えることが期待されています。

しかし、総務省の行なった調査によると、国内企業のテレワーク導入率は13.9%(*1)と未だに低いままです。その理由として、技術・文化面では「社内コミュニケーション」、「顧客等外部対応」「セキュリティ」への課題が、また労務・人事面では「適切な労務管理」「人事評価」等への課題(*1)があげられました。

そこで、勤怠管理、経費精算、工数管理(日報)、電子稟議、SNS(社内コミュニケーションツール)を一体化して、テレワークで必須となる「適切な労務管理」、「社内コミュニケーション」などを実現するクラウドサービス「TeamSpirit」を今まで以上に活用していただくことを目的に、スマートフォンを使って手軽にテレワーク時の「セキュリティ」強化が可能となるJunifyとの連携を行うことといたしました。

(*1)出典:総務省「テレワークの最新動向と総務省の政策展開」https://teleworkdays.jp/docs/2018Lecture.pdf

【連携について】
Junifyはスマートフォンを利用したITセキュリティプラットフォームです。スマートフォンの専用アプリケーションからスライダーで「ON/OFF」を設定することで、ON(業務中)の時間のみ社内システム(*2)を使用できるようにします。

(*2)ブラウザ上で稼働するアプリケーションが対象。

今回の連携では、Junifyでの「ON/OFF」を「TeamSpirit」の勤怠打刻と連携することにより、勤務時間中以外は社内システムにログインができなくなります。これにより、セキュリティが強化されるだけでなく、正確な勤怠情報の取得ができ、隠れ残業の防止にも繋げられます。また、「テレワーク時に社員がどこで作業しているかわからない」という不安も、位置情報の取得によって軽減することができるほか、ジオフェンス機能によりシステムが利用できる場所を限定することも可能です。

◉連携による管理者のメリット
・機密情報管理の強化(スマートフォンを鍵とし、パソコン上でログインしていたシステムも自動ログアウト)
・隠れ残業の防止
・テレワーク時の位置情報の把握
・ジオフェンス機能により、業務できる場所を限定することが可能

◉連携による 一般社員のメリット
・業務とプライベートの時間のON/OFFが明確化されワークライフバランスが保てる
・テレワークによって通勤時の負担が軽減される

【Junifyとは】
Junify Corporation はカリフォルニア州パロアルトを拠点とする会社で、スマートフォン時代に最適化した次世代のITセキュリティプラットフォームとして、クラウドサービスのセキュリティ管理を行うサービスを開発しています。Junify は個々人のスマートフォンを特徴的な方法で活用することにより、セキュリティと生産性の両方を向上させることができます。現在のクラウドアプリケーション活用とスマートフォンの普及が進んだ状況において、セキュリティの課題は大きくなっており、この課題に対してのよりよい方法を提案します。同時に、Junifyによりオフィスから離れて働く人に対しても、業務とプライベートの区分けをしっかりし、業務中の個人用途でのスマートフォン使用を減らす機能も提供します。ITシステム管理者にとっても、働く人々にとっても、より安全で生産性の高い環境を提供します。

【TeamSpiritとは】
「TeamSpirit」は勤怠管理、就業管理、工数管理、経費精算、電子稟議、社内SNS、カレンダーなど、社員が毎日使う社内業務を一元化したクラウドサービスです。複数の機能が連携して動くことで出社から退社までの働く人に関する活動情報が自然に集まる仕組みとなっており、収集したデータの分析により働き方の可視化をすることで、社員が取り組むべき重要な活動を洗い出し、生産性の向上につながる効果的なタイムマネジメントが可能になります。

モバイルにも対応し場所を問わずどこでもシステムを利用することができるので、近年増加しているテレワークなど多様な働き方にも最適なサービスです。


【株式会社チームスピリットについて】
株式会社チームスピリットは、働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を提供するB2B SaaS企業です。「すべての人を、創造する人に。」というミッションのもと、一人ひとりのプロフェッショナルな力を引き出し、強いチームを作ることで、あらゆる人が変化を巻き起こす世界を目指します。

・チームスピリット、TeamSpiritは株式会社チームスピリットの登録商標です
・その他各種製品名は、各社の製品名称、商標または登録商標です