ChatterデスクトップがVer.2.1にバージョンアップ!

※この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

SalesforceからリリースされているChatterデスクトップ(Ver.2.1)がバージョンアップされました。

今回のバージョンアップの目玉はなんといっても「メッセージ」機能の対応です。この「メッセージ」機能によって、非公開の会話もChatterで行うことができるようになりました。

ChatterデスクトップVer.2.1

「メッセージ」機能が提供されると、これまで情報共有のためオープンな会話を推奨してきた企業では、運用をどのようにしていくか難しい問題が出てきます。このような運用上の問題が考えられるようになったことも企業内SNSが企業活動に浸透してきている証拠でしょう。
新機能に振り回されることなく、いかに自社のビジネスコミュニケーションを活性化していくかに焦点を絞って「メッセージ」機能を有効に使っていく方法を考えていきたいと思います。

リリースノート(原文)

- Support for customer users
- Support for private Chatter messages
- Miscellaneous bug fixes, including an issue with popup notifications stealing OS focus

「スタッフブログ」へのコメントやご意見等ありましたら、 Facebookページまでお願いします。
twitterでもつぶやいてます。ご興味のある方はぜひフォロー、「いいね!」をお願いします。

(倉谷)

TeamSpiritの最新情報をお届けします

お客様の個人情報の取り扱いについて「プライバシーポリシー」をお読みいただき、
同意いただける場合にのみお申し込みください。

まずは資料請求

製品概要が3分で早わかり
TeamSpiritの機能特徴や選ばれる理由を
ご覧いただけます

担当者に相談する

導入に関するご質問や
実際の画面操作を見ながらの製品デモまで
お客様のご連絡をお待ちしております

無料トライアル

正式版と同一機能・操作が可能な
無料版TeamSpiritをご提供しています
まずはTeamSpiritを体験してください